釣りをする予定じゃなかったはずのライトゲーム

皆さんこんばんは。本当は今日ヒラメを狙いにサーフに出向こうと思っていましたが、いざ起きてみると気分が乗らず釣具屋巡りをして1日が終わってしまいました。来週こそは、必ず行きたいと思います・・。だんだん海況を見ていると水温も下がってきましたね。それでもボチボチ釣果は上がっているようなので、ポイントを見極めながらうまく一枚上げられればいいな〜と考えてます。ポイントの開拓もしなくては・・。

 

昨日は同僚と写真を取りに房総半島へ行きましたが、綺麗に澄んだ海に、おそらく40cm前後のチヌが何匹もいまして、これは釣りがしたい!と激しい衝動にかられました。するとまさかの同僚が釣りをしたいと言い出すので、急遽車に戻り、積んであるロッドを確認。アジングロッドとシーバスロッドがあったので、少し離れた港へ移動。そこで同僚にはサビキで楽しんでもらいつつ、私はライトゲームを開始。いざ海を見てみるとさっきのポイントよりは若干濁りが入っていて、魚影もさっぱり。でもせっかく来たので、まずは港内から攻め、徐々に沖に近い堤防へ移動しました。海藻がかなり入っているポイントを見つけ、キャストしてみると一発目でヒット。リールを巻いても巻いても近寄らないので、海藻にでも引っかかったか、と思うとティップが海に引き込まれるので、魚だ!と確信。早めに巻き上げてみると、アナハゼでした。ドラグを再度調整してキャストするとまたもヒット。これはこれで楽しくなり、海面をよくみると、ワームが海藻近くを通過すると、海藻の影からアナハゼが何匹もアタックしてくるではないですか。

 

試しにプラグをキャストしてみると、ガッツリ食ってくる。かなり面白い!オールリリースしましたが、カタの良いサイズが何匹が上がったり、割と引くので十分楽しめました。徐々に濁りが強くなって来て反応がなくなったので、引き上げましたが、さくっと釣って10匹近く上がったので、気晴らしには最高でした。アナハゼさんたちありがとう〜。

 

来週こそは、ヒラメを釣りにサーフに出陣します・・

Scroll Up